中1対象定期テスト説明会を実施! 早めに中学での学習に慣れよう

4月のSFはたくさんのイベントを
行います。

今日はその第1弾、
「定期テスト説明会」。

中1を対象に、定期テストとは何か、
成績はどのようにつくのか、
どのように対策するのか、
お話しさせてもらいました。

杉原説明会

小学校と中学校のギャップにびっくり

学校の成績の付き方、
テストの出題例などを説明し
小学校とのギャップを
感じてもらいます。
話を聴いているうちに、
だんだん生徒さんは焦ってきます。
そしてどんどん
私の話に食いついてきます。

中学の生活が始まった
ばかりの今、こういう話ができて
良かったのかもしれません。

テストは直前だけ頑張ればあがる、わけではない

中学、高校の定期テストは
それまでの頑張りをみるテスト。
だから、直前だけで
何とかなるものではない。

SFでは4週間前から対策開始。
具体的にどんな形で進めるか、
細かく説明しました。

家庭学習の時間を毎日取る

こうなると毎日の学習が
とても大事になります。
どんなに短くても「毎日」。

意外と1日の空き時間は
少ないもの。
きちんと時間を確保しないと
たぶん、やらなくなります。

そして、やったことをFor Studyに
記録していくといいですね。

まとめ

あっという間の1時間。
たくさんの情報を話しました。
ここで一気に話して終わらず、
これからもちょっとずつ
授業中に復習していきます。
結局テストを受けるのも、
勉強するのも生徒さん自身。

SFを使って結果を出せるよう、
一緒にがんばりましょう!

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。