合格実績訴訟問題に見る大切なこと あなたの塾は「頑張れる環境」?

出勤時にfacebookを開くと、
こんなニュースが。

高校合格実績表示「中傷され生徒減」、学習塾が同業者提訴

双方のホームページをみると、それぞれの主張が細かく書かれております。

ところで、今回はこのニュースだけ掘り下げるつもりはありません。

ここで大事にしたいのは、
「合格実績」って大切なのか、
という疑問です。

「合格実績は塾の生命線」

若いころ、
「合格実績は『塾の生命線』だから、しっかり生徒を合格させなさい」
という指導を受けた記憶があります。

「合格実績が良い」→「生徒さんがたくさん入学する」→「また合格実績が伸びる」→「儲かる」

ということです。

確かに
「○○高校に合格したいから××塾に行く」
というニーズはあります。
そのニーズにこたえるのは、やはり「学習塾」です。

合格したのは受験生本人

しかし、
「××塾に通う」から「○○高校に合格する」「○○高校に合格する」ために「××塾に通わないといけない」
というわけではない。

「塾に通う」ことは「合格すること」の必要条件でも、十分条件でもない。

その生徒さんが「××塾」を使って、生徒さん自身ががんばったから「合格」できた、
というのが正解でしょう。

だから、「合格実績に意味はない」というつもりはありません。
その塾で頑張れた生徒さんが多いわけですから、その塾、そしてその塾の先生方がいてこその実績、と言えます。

頑張れる「環境」が大事

学習塾は
「生徒さんが頑張れる環境」かどうか
というのが大事、なのではないでしょうか。

  • 塾の仕組み
  • 先生
  • 教室の環境
  • 周りの友達…。

いろんな要素がありますが、少なくとも「みんなが行くから、私も…」では成果が出にくい。

「たくさん合格しているから、私も…」となるかというとそうなるとは限らない。

SFは「使える場」

SFは皆さんが好きなように使える学習の場でありたいです。

  • 通いたい時に通う
  • 教えてほしい教科だけ教わる
  • 学習形式を選ぶ

そういったことをできる限り可能にしています。

もちろん生徒さんによって、合う、合わないはあります。それはどの学習の場でも同じこと。

塾同士の争いのニュースを通じ、SFに通うことが「自慢できる」ことになるよう、さらにいい環境にしたい、と改めて感じました。

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。