毎回大阪にくるだけの価値あります 多くの先生方から学んだこと

さて、昨日の続きです

関西の個人塾を経営される
先生方との懇親会。

半年に1回くらいの割合で
関西に出向き、
いろいろな先生と交流を
持っております。

毎回本当に勉強になります。
特に今回は
「はじめまして」「二度目まして」
の先生が多く、新しい発見が
いくつもあり、大収穫。

その中からかける範囲で
いくつか。

中学生は最初が肝心

授業の進め方を工夫されている
先生方はたくさん
いらっしゃいます。

やはり導入部分を非常に大事に
されている方が多いのが印象的。

学校よりも遅いペースで最初をきっちり教えられたり、

授業は解説や考えることを中心にされたり、

その先生方のお考えがとても
はっきり出ています。

子供を育てたい気持ちは同じ

当たり前ですが、子供を育てたい、
という思いはみんな一緒。
ただしそのアプローチが
違うところが面白いです。

「勉強は楽しい!」と思わせたい

「つらい先には楽しいことがいっぱい、だから今歯を食いしばれ」と指導したい

「大人の評価から解放される場」を作りたい

「子どもたちの居場所」でありたい

先生方がいちずに子供たちの
ことを思ってらっしゃるのが
素敵です。

For Studyの利用法は無限

今回はFor Studyの開発者である、
学習塾FRONTの植田先生が
お声掛けしてくださいました。

学習塾FRONTについてはこちら

そのため、For Studyご愛用の
先生方が多数。

本当に自由度の高いノートですから
いろいろな使い方を
してくださっています。

共通の見解は

「きちんと書いた子は成績が上がる」こと。

「先生方が強制するものではない」こと。

どんどん活用していこうと思います。

まとめ

やはり個人塾の先生方はパワーが違います。

いつも以上にお酒が進んでいたのに、
熱い議論がいつまでも続く雰囲気。

私もこっそりメモをいっぱいとってました。

ありがとうございました!

DSC_0593

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。