[不定期連載:SF-Learning物語13]資金繰りって難しい

一番困ったのは、資金繰り。
話せる範囲で書いてみますね。

a1180_011767

blue line

頼りになるのは信用金庫

以前、起業した義兄から
「信用金庫と仲良くしておくといいよ」
ということを言われておりました。

確かに地元密着で活動して
いらっしゃるから何かと相談
乗ってくれそうなイメージはあります。

しかしいかんせん、利用したことが
ない。

しかもまだどこで起業するかを決めて
いなかったこともあり、すぐには行動を
起こせませんでした。

blue line

動き始めたのは、退職後

結局前職をやめたのち、やっと
信用金庫に口座を開きました。

とはいえ、どうやって相談すれば
いいのかもわからない。

そもそも何を求められるかも
分からない。
見積もりすらきちんとできていない…。

ここはもっと先輩たちに聞くなり
しておけばよかったなあと
今になって思っています。

blue line

結果、素敵な方に出会えた

時間がなかったこともあり、
これまた飛び込みでその
信用金庫さんに即相談。

いろいろ丁寧に話を聞いてもらい、
無事完了。

飛び込みで相談した怪しい客(笑)
にもかかわらず、良くしていただき
ました。

大切な方に出会えたと思います。

その後も折々に度も相談に
乗ってもらい、今何とか
やっています。

blue line

まとめ

事前の情報収集はやはり大事。
起業をするにあたって、この部分が
全く足りていなかったと思います。

たぶん補助金だとか、知らない
ところで損していることが
いまでもあるかも。

バランスが大事ではありますが、

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。