【スーパー飛び級®の秘密シリーズ4】幼稚園生が楽しく勉強できる秘密

スーパー飛び級®では幼稚園生から募集しています。
実際3歳からでも学習が可能です。

小さい子は本能的に学ぶ

幼い子供が新しいことを学ぶことは、もちろんのこと強制されて行うものでもなければ、思考の上で行うものでもありません。
いわば、本能的に行うものです。
詳しくは以下の記事をご参照ください。

幼児は「本能」で「学ぶ」ことができる 算数国語はフライングしてもいい | 神奈川秦野発!スーパー教育®でお子様の学びが変わる

だから吸収が速く、理解も速いのです。
これは勉強に限った話ではないですが、小さいときほど新しいことを習得するのにかかる時間は短いもの。
学習面で時間をより効果的に勉強するには、幼児から始めることが一つの方法といえます。

初めから自分の力で進める教材

ですから扱うものも、自分の力で進めるものがいいのです。
レベルも最初から難しい必要はありません。

スーパー飛び級®で扱うものは、何度か当ブログで出てきますが、自学が前提のものです。

実際に幼稚園生にやらせてみると、一生懸命指で文字を追いながら、問題文を音読して取り組みます。
音読しているから、そこにコミュニケーションが生まれます。
教師とやり取りしながら、子供たちは笑顔で取り組むようになるのです。

まとめ

さらに詳しいお話はスーパー飛び級®説明会で実施します。
詳しくはこちら

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。