中学生は10連休をこう過ごせ!連休明けには●●ですからね!

今度の土曜日から10連休!
通っている生徒さんたちに聞くと、うれしさ半分、迷惑な気持ち半分、といったところでしょうか。
10連休明けると、すぐにあいつがやってきます。

1学期中間テストは連休明け1-2週間後

そう、そいつの名前は「1学期中間テスト」
お休みが増えた関係で1学期の中間がない学校も増えているようですし、前後期制の地域も少なくないようですね。

ただ1学期中間テストが予定されている中学校は、例年通り連休明け1-2週間後です。
ということは、この連休はテスト勉強のチャンス、ですね。

連休中に課題をできるだけ進める

10連休というと、春休みに匹敵する長さです。
ということは、もしかしたら学校から課題が明示されることもあり得ます。
そうでないとしても、学校のワークはすでに配られています。
また、弊塾近隣の南中、南が丘中では新出漢字のプリントが配られていることでしょう。

まずは課題を片付ける。
連休明けには、中間テストの範囲に該当する部分のワークがすべて終わっていたら理想的ですね。
中間テストの範囲がわからなければ、少なくとも連休前に学校の授業で進んだ範囲は終わっておき、2周目(解きなおし1回目)に入りましょう。

以前もお話ししましたが、学校の課題が終わってからがテスト勉強。
課題の出来を確認し、わかっていないところで来ていないところを詰めていく必要があります。
そのためにも、課題に振り回されているようではよくないですね。

連休こそ時間の使い方に気を使う

時間がある、と思うと人間どうしてものんびりしてしまいます。
もちろん、休みだからのんびりしてよいのですが、休む時間を作るためにそれ以外の時間もしっかりとる。
つまり、メリハリが大切なのです。

生徒さんに聞いたところだと、10連休中、毎日部活動があったとしても、1日ずっと、というのは少ないみたい。
勉強する時間帯をきめる、など、普段以上に計画をしっかり立てて取り組みたいですね。

まとめ

もちろん計画的に勉強するのは10連休に限らないことです。
ですからテストが後に控えてなくても、この10連休でワークなどの課題をできるだけ進めておきたいですね。