小学生が英語で困らないためにどうすればよいか

今日は久々にスーパー教育®で活躍されている先生とテレビ会議。
今日は特に小学生の英語について話題になりました。

参考記事

私が書きたいことはすべて奥川先生が書かれていました(笑)。
これでおしまい、というわけにもいかんので、もう少し書きます。

まずは母国語を完成させよう

どんなに英語が得意だとしても母国語が日本語である以上、我々は日本語で思考しますし、また英語を使わない場所では日本語で思考し表現することが求められます。
基盤としてまずは母国語がとても重要となります。
となると、優先順位は日本語をしっかりと使えるようになること。
小さいときから英語の学習をすることにもメリットはあります。
しかし、母国語がきちんと使えることがまずは大切。

1対1対応的に暗記しても太刀打ちできない

小中学生を見ていて英語があまり得意でない子の多くは、1対1対応的に英語を覚えている子が少なくありません。

on は上
like は好き
みたいな。

いわゆる丸暗記スタイル。
覚えることはできますが、しかしながらそもそも英語と日本語は全く違う体系の言語ですし、1つの英単語で複数の意味を持つものだってあります。
単語の意味だけ覚えればよいのではなく、文になり、文章になり、あるいは逆に英作文したり…、となるとどんどん手が出なくなります。

あるいは教科書の英文をまるまる暗唱し正しい英語を暗記するのも一つの方法ですが、それだけで完璧なわけではなく応用するためには思考力が問われます。
言葉として考えて理解をするためにも基盤となる日本語は重要、というわけです。

まとめ

小学校で英語の授業が本格化します。
小6までにかなりの文を扱いますし、かなりの英単語を覚えることになるようです。
英語で苦労しないためにも小学校低学年のうちから国語をきちんと完成させることが重要です。

ですので私の塾では小学生の方で「英語をやりたい」という方にはまず算数国語を見させてもらってからご提案しています。