自分のやりやすい方法って何だろう 学校の課題の様々なやり方を見て思うこと

早い中学ではあと2週間で定期テスト。
中1,2の生徒さんたちは学校の課題をどんどんと進めています。
興味深いのは、取り組み方がいろいろなのです。

「学校の進度に合わせる」派

割と多いのはこのタイプ。
学校の授業の進度に合わせて各教科少しずつ進めていきます。
各教科バランスよく進んでいきますので、どの教科も勉強しているように見えますね。
もっとも学校の授業で、復習だの発表だのが入ると進まなくなりますので、せっかくできた習慣が崩れることがあります。

「1教科ずつ終わらせる」派

最近びっくりしたのが、このタイプ。
とにかくテスト範囲になりそうなところまで1つずつ終わらせていきます。
集中して学習できますから、これはこれでよさそうです。
ただ、テスト範囲がどこまでかわからないままやらざるを得ませんし、部分的には学校の授業よりも先に予習として取り組むこともあります。
向き不向きがありそうですね。

「基本問題から取り組む」派

苦手教科ならこの方法がおすすめ。
何も最初から順番に解く必要はありません。
まずは最初の方の簡単な問題だけどんどん進めて、テスト対策が進んでから応用問題に取り組む、というやり方です。
おのずと同じ単元を繰り返せるのはいいやり方ですね。

まとめ

どんなやり方であっても、まずは行動することが大切。
テスト2-3週間前で学校の授業に追いつくあるいは追い越すくらい進んでいるのはとても良いことですね。

大量の課題、というのは終わりが見えずにつらくなりがちです。
どうやればやりやすいか、研究しながら進めると、自分に合った学習が見つかりますね。