公立高校入試出願倍率発表!秦野伊勢原地区の高校の傾向とは

公立高校入試の出願が本日で締め切られました。
いよいよ入試まであと2週間ですね!

今年の倍率はここでチェック!

出願3日目である本日はほとんど動きがないので、昨日段階から速報を出しているのが、神奈川全県模試でおなじみの伸学工房。

またカナニュウのページにも速報が載っています。

神奈川県の教育委員会ホームページが公式発表です。

秦野伊勢原地区の学校の推移

SF-Learningがある秦野伊勢原地区の5校について、倍率の推移を見てみます。
昨年度までは受験時の最終倍率をまとめると以下の通りです。

 平成29年度平成30年度平成31年度
(1/29現在)
秦野1.141.131.08
伊志田1.121.101.26
秦野曽屋1.141.061.00
伊勢原1.161.200.93
秦野総合1.171.050.90
(参考)全公立1.201.19

秦野伊勢原地区は他地区へ受けに行く受験生はそこそこいるのですが、逆に他地区から受けにくる子は多くありません。
全体的に受験生は都会を目指して東に動くので、この地区は毎年人気がそれほど高くない、といえます。

まとめ

とはいえ、この時期になれば後は当日勝負。
倍率を気にしなくてもいいだけの実力をみにつければいいのです。
受験生の皆さん、あと少し、共に頑張りましょう!

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。