【受験生のコンディションを整えるシリーズ】入試直前で一番大事なのは睡眠です

さて入試シーズン到来。
受験生の皆さんは風邪をひかないように、と体調管理に気を付けていますよね。
そんな中、大切なのはやはり、睡眠です。

焦りがでると夜更かししたくなる

直前になればなるほど焦りが生まれます。
「このままで大丈夫かな」
「不合格になったらどうしよう」
まるで見えない敵を恐れるかのように、不安がやってきます。

こうなると、「あれもやらなきゃ」「これも手を付けてない」とできないことが目に入りがちになります。
ついつい夜遅くまで勉強したくなります。

しかし、夜更かしした次の日に残るダメージを考えると、実は遅くまで勉強するメリットて大したことないのです。

体調を整えるのは睡眠

体調を整えるのに睡眠に勝るものはありません。
たくさん寝る、あるいは質の良い眠りをすることで、翌日また元気に活動することができます。

これは受験生も同じこと。

それに睡眠で体力をきちんと回復させれば、風邪などの病気からも身を守ることができるようになります。

まとめ

私は入試直前であっても「夜中12時前には寝なさい」と指導します。
ここまで来たらやればいい、ってものではありません。
本番で最高のパフォーマンスができるよう、準備していきましょう!

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。