マザーカレッジのメールマガジンにて隔週寄稿します! 塾の立場から親子コミュニケーションを語る

以前私が子育てコーチングを学んだマザーカレッジの江藤先生が発行しているメールマガジンで今週発行号から私も連載させていただけることになりました!

マザーカレッジについてはこちら

メールマガジンを読んで得られること

本メルマガでは毎回江藤先生の書きおろしが読めます。
セミナーを受けていて感じたのが、言葉がわかりやすくそして柔らかいのに、厳しい感じ。
理論的なことだけではなく、先生のご経験から来るお話で大変役に立ちます。

  • 考え方をどう変えたらいいのか
  • どのように言ったら伝わるのか
  • 子どもの考えをどのように引き出していったらいいのか
  • 親の心構えとは

毎週のメールマガジンで、日常生活のヒントを得ることができます。

私が書くこと

マザーカレッジの名の通り、男性で認定講師はちょっと珍しい存在。
そして、教育の現場で日々子供と向き合っているのも私の強みです。

  • 客観的な立場から多くの親子を眺めてきて見えてくること
  • 昨今の教育事情を踏まえてお子さんが身につけておきたいこと

など、私の立場だからこそお話しできることを書いていく予定です。

購読のお申し込みはこちら

子育て中の方はもちろん、これからという方も、あるいはこれから孫育てのかたもぜひご購読ください。

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。