杉原家の朝の日常をかいておく 大した工夫はしていないですよ、いやほんとに。

我が家では、家内が早朝から昼過ぎまではたらき、私が午後から夜まで働く、という家庭内タイムシフトをしています。
できるだけ子供をどちらかの親が見られるように、という工夫です。
つまり必然的に朝の家事は私がやることになっているわけです。
せっかくだから、小4の娘との朝の風景を書きとめておきます。

登校50分前くらい

 
私の1回目の目覚ましが鳴る。
大体すぐには起き上がれません。
身体が動くまでは布団の中。

45分前

ようやく体が動き始める。
家じゅうの窓とカーテンを開ける。
この辺りで娘のアラームが鳴る。

40分前

玄関の掃除をしたら朝食づくり。
頃合いを見て娘に声をかける。

30分前

娘起床。
寝ぼけ眼で朝食開始。
私も新聞に目を通しながら、一緒に食べる。
会話は、お互い頭が働いていないせいか、あまりない。

20分前

食卓のアラームがなり始める。
ここからスヌーズ機能を使って5分毎アラームが鳴るようにしています。
「そろそろ急ごうか」なんて、声をかけることもあります。

15分前

娘の朝食終わる。
新聞の天気予報欄を見て、私が着替えの指示。
とはいえ、「昨日と同じくらい(の暖かさ)だよ」とか「昨日より暑くなるよ」とか、言うだけ。
実際服は自分で選んで着替えます。

10分前

着替えが終わっておりてきたら髪をとかすなど身支度をして出発。

まとめ

うまくいけばいいのですが

  • 着ていきたい服がない
  • 準備していないものに気づいた
  • 持っていくべきものがない

と、何かボトルネックになることがあると、うちの娘は行動が止まってしまいます。
そのせいで今までも何度も近所の方に迷惑をかけています。

とはいえ私も付いて回るわけにはいきません。
気配を感じながら、なんかあったぞと思うと、いつでも手を止めて、ないものを一緒に探す、とか、代わりになるものを出す、とかはしています。

しいて工夫を挙げるとするなら、「早くしなさい」というせかし方はしない、とか。
「〇〇終わったら、〇〇だね」のように順番を指示する、とか。
あとは、「自分で時計見て、考えて動きなさい」というのが効かないので、出発までの20分でアラームかけて時間を意識させている、とか。
ずっとついて回らないまでも、彼女の準備が進んでいるか気にする、とか。

ま、普通かもしれませんが。

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。