[不定期連載:SF-Learning物語11]価格設定で気にしていること。

さて、今日もこのシリーズで
行きましょう。

価格を決めるにあたってはかなり
悩みました。
私なりにいくつかこだわりを持って
決めてきました。

a0780_000121

blue line

私が当初こだわったこと

前職が決して安い価格設定では
なかったので、もう少し頑張る。

大手よりはちょっと高いけど、
一般的な個別指導よりは安い。

小学生は〇〇より安くしたい。

割引のシステムはできるだけ
合理的でありたい。

blue line

実はうまくいっていない面

かえって複雑になっている

「使える場」を実現するための
仕組みを作った結果、
「複雑でよくわからない」との
お叱りをいただきます。
現在シンプルな設定になるように
考えています。

システム変更が頻繁

開講して丸4年とはいえ、
これまでシステム変更等含めて
変更が多く、ご迷惑をおかけして
おります。
(今回も消費税改定のため、
料金表示が変わりました)

いまだに価格設定は悩むところが
多く、考え続けています。

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。