平成29年度公立中学校等卒業予定者の進路希望の状況 受験生の参考資料です

以前から当ブログでも触れましたが、進路希望調査の結果が出ましたね。
ここからも大きく動きますから、あくまで参考資料としてみてくださいね。

近隣の学校(旧大和学区以西)についてだけまとめました。

希望者数の変化

  H29希望調査  H28希望調査  差異  
学校名希望者数(募集定員)競争率希望者数(募集定員)競争率希望者数(募集定員)競争率
県立平塚江南4203181.32075471698113793181.19182389937114100.12893081761006
県立高浜2902381.2184873949582832381.1890756302521700.029411764705882
県立平塚湘風1562380.655462184873952292380.96218487394958-730-0.30672268907563
県立大磯3322781.19424460431653452781.2410071942446-130-0.046762589928058
県立二宮2232780.802158273381292332780.83812949640288-100-0.035971223021583
県立秦野4603581.28491620111734713581.3156424581006-110-0.03072625698324
県立秦野曽屋2962781.06474820143882952781.0611510791367100.0035971223021583
県立伊志田3743081.21428571428573583081.16233766233771600.051948051948052
県立伊勢原4022681.54002681.4925373134328200.0074626865671641
県立小田原4723181.48427672955974303181.35220125786164200.13207547169811
県立小田原東1661181.40677966101691031180.87288135593226300.53389830508475
県立西湘4883081.58441558441564533481.30172413793135-400.28269144648455
県立足    柄2862591.10424710424712962591.1428571428571-100-0.038610038610039
県立大井1492380.626050420168071522380.63865546218487-30-0.012605042016807
県立山北2072380.869747899159662161981.0909090909091-940-0.22116119174943
県立厚木5323581.48603351955315303581.4804469273743200.005586592178771
県立厚木東3592781.29136690647483512781.2625899280576800.028776978417266
県立厚木清南2202700.814814814814812462301.0695652173913-2640-0.25475040257649
県立厚木北2762381.15966386554623562381.4957983193277-800-0.33613445378151
県立厚 木 西3282591.26640926640933252591.2548262548263300.011583011583012
県立海老名7503981.884422110552810023982.5175879396985-2520-0.63316582914573
県立有馬4023181.26415094339624453181.3993710691824-430-0.13522012578616
県立愛    川1722280.754385964912282442281.0701754385965-720-0.31578947368421
県立大和5622782.02158273381295342781.92086330935252800.10071942446043
県立大和南2913080.944805194805192633480.7557471264367828-400.18905806836841
県立大和東2732381.14705882352942412381.01260504201683200.13445378151261
県立大和西3712781.33453237410073002781.07913669064757100.25539568345324
県立座間5632782.02517985611515082781.82733812949645500.1978417266187
県立綾瀬4483581.25139664804473603581.00558659217888800.24581005586592
県立綾瀬西2513180.789308176100632683180.84276729559748-170-0.053459119496855

この表を見ると、大雑把に昨年との人気の差異が分かります。
一般に定員の増減には影響を受けます。
定員が増えれば競争率が下がり、定員が減れば競争率が上がる。

ちなみに

昨年の倍率が入試に影響しているかというと、決してそうでもなさそうですね。
(2次式を当てはめたときR2乗値は0.62くらい、1次式だと0.5程度)

昨年度の希望調査と入試との差異

グラフを見ればわかる通り、大きく動きます。
一般に希望調査での競争率1.2倍くらいより低ければ受験者が増えていますし、高ければ減っています。
(2次式を当てはめたときR2乗値は0.92くらい)

もっとも地域限定で、昨年今年データしか使ってませんのであくまで参考です。

県立全体の平均倍率が約1.2倍ですから大体平均に近づくように動く、と言えそうです。
各高校ごと見ると、もちろん違います。

この地域においては、上位校ほど志望校を動かさない傾向があります。
(余談ですが、横浜川崎は私立難関高校を第1志望にする子もいるので、全く違う動きをします)

まとめ

この数値通りの受験にはなりませんから、数字に惑わされることなく自分のやるべきことをあと3か月進めましょう。

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。