「未来の自分が喜ぶことをする」 意識しているだけでいい行動ができる

SNSをふらっと眺めていた時に見つけた言葉

「未来の自分が喜ぶことをする」

なるほど、とすっと腑に落ちる言葉でした。

過去現在未来は全てつながっている

今の行動は全て未来につながっています。
もちろん今いる自分は全て過去の集大成、ですよね。
そのことを一言で見事に表わした言葉です。

今のところ効果は出ています

例えばちょっと夜更かししたくなった時に自分に問いかけてみる。
「今眠っておいた方が明日の自分は楽だな」

間食したくなった時に自分に問いかけてみる。
「今食べたら、胃がもたれて眠くなるから仕事どころでなくなるぞ」

その時の欲望に流されることはぐっと少なくなりました。

まとめ

もちろんいつでも正しい行動をとることがベストとは限りません。
「今は●●しないとなー、でもイマイチやる気でないなー」なんて時に、ふとこの言葉を思い出してみると、やる気が少し出るかもしれませんよ。

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。