テスト対策はこうあるべきと気づいた1日 お祭りの日でもみんな頑張った 

秦野市はこの土日で市内最大のお祭り、「たばこ祭り」が開催されました。

今年は70回記念でずいぶん気合が入っておりました。

そんな中でも周辺中学校はテスト直前の週末。
ということで、朝からテスト対策授業をしておりました。

小さな南が丘教室が満員御礼。
危うく机が足りなくなるところでした。

中1~中3までが一堂に会し、小テストを繰り返しながら暗記や理解の度合いを確認していきます。
教室はシーンとした雰囲気で、たまに質問の声が上がったり、○付けの音がしたり。
適度に緊張感のある教室の中で、集中してみんなが取り組んでくれました。

この雰囲気を作るために、スタッフが総がかりで頑張ってくれたのは本当にありがたいこと。
そしてどういう形で指導すればいいか、新たな道が見えてきました。

テストまであと4日、頑張れー!

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。