「小学生学習1upガイダンス」開催報告! 次回は11/12(土)に開催します!

10月末から11月中旬にかけて怒涛の説明会ラッシュ!

ということで、今年から始めた「小学生学習1upガイダンス」を開催!

参加していただいた方にはたいへんご好評をいただきました!

cvwva0eusaa0cbl

なぜ小学生向けの「学習ガイダンス」か

この保護者会を行おうと思った理由は2つです。

  • 1つは、勉強の仕方が身につかないまま学年が上がっているお子さんが(昔からいますが)ますます多くなってきていること。
  • もう1つは、求められる学力が少しずつ変わってきていること。

後者を詳しく説明しましょう。

高校入試を見ていると、少しずつ大きな変化がみられています。
それは「活用力」が問われていること。
例えば資料(グラフや表ですね)を読み取る、日常的な場面に当てはめて考える、など、ただただ「知っていれば解ける」というものは少なくなっています。

「勉強のやり方」「取り組み方」を学ぶのは早いに越したことはありません。

「子供たちが20年後に社会で輝くために、あるいはそれまでの過程で多くのことを学ぶために、小学生の今に何ができるか」
それを伝えるのも塾の役割、と考え、定期的に実施することを決めました。

内容をちょっとだけ

今回のテーマは「算数が嫌いにならないための3つの力」

算数は、どうも、嫌われ者になりやすい教科です。
そして、「計算はできるけど、文章題は…」という方も少なくありません。

実は算数に苦手意識を持たないために気を付けるべきことがあります。
そして、おうちで簡単に取り組めることもあります。

今回はそのあたりのお話をいたしました。

まとめ

「とても良い内容なので、もっと多くの人に聞いてもらいたい」という感想がいただけてとても感激。
ありがとうございます。

11月は12日(土)の14:30~開催します。
会員の保護者の方はもちろん自由に参加できますし、ご友人やお知り合いも誘ってくださって結構です。
(万が一当日来られない方にはビデオもあります)

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。