ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか 学習塾には脅威となるモデルとは

どなたかから薦められて買った本。

ちょうど自分自身も、「子供たちの学習成果にどうつなげればいいのか」というところで、壁にぶつかっていたところなのでちょうどよいたいみんぐでした。

ライザップの2か月体験を含むルポ

筆者は数多くの会社の取材をし、それを本に著してきたライターの方。
そういえば、以前こんな本を読んだことがありました。

設計図があるから完成品ができる。相手があるからいいものが提供できる。 – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

その筆者がライザップを取材するとともに実際に2か月の体験を行い、見事理想の体型を手に入れた経験も含まれていますので、その「秘密」がよくわかる本です。

「結果にコミット」とは結局どういうことか

顧客に徹底的にかかわる

「目的のために手段は選ばない」ということではない、ということ。
徹底的にひとりひとりに付き合い、お店に来ているときだけでなく、日常生活にも入り込み、関わっていく。

また来店時も客が気を遣わず、気持ちよく通える工夫。
完全個室でのセッション
きれいな空間

そして顧客が求める目標を常に一緒に見続けていること。
つねに「結果」を意識させる、そして、トレーナー自身も意識する、ということも、「結果」にこだわるライザップの特徴と言えるでしょう。

これでもか、というくらいの「ひとりひとりのため」の積み重ね、が結果につながるのでしょう。

それなりの金額を取るのも、納得。

スタッフがまず実感し、いい感じているものを売る

このプロジェクトを始める前に、実際に社員が試している、みたそう。
また、新人トレーナーの研修中にもサービスを自ら試してみる、とか。
自らその良さを実感し、自らの体験をもとに顧客と向き合っているのです。
このことで、トレーナーの一言一言に説得力が増すのです。

まとめ

Fotor_147243905864376

やっていることは一流ホテルのおもてなしに近いと感じます。
学習塾がマネしたら、「超ハイクオリティーな個別指導塾」あるいは「超ハイクオリティー家庭教師」といったところでしょうか。
すでにこういう形で行っている学習塾もあるでしょうし、「個別指導」「成績保証」をうたうなら、ここまで徹底するところがあってもよいのかもしれません。

ちなみに、こんな本もありますが、たぶん、家でやっても結果を出せない人が
いいかえれば、ライザップの本質は、食事の中身や運動の中身、ではない、ということでしょう。

ここに書いてあることがすべての真実か、は別として、人と関わる仕事をしているものとして、学ぶところは大きいです。

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。