【入試当日してよい行動 & よくない行動】その3 入試当日の持ち物はこれだ!

入試当日の持ち物はなるべくシンプルがいいでしょう。

入試当日してよい行動&よくない行動 復習

【入試当日してよい行動 & 良くない行動】その1 入試会場でまず確認しておきたいこと

【入試当日してよい行動 & よくない行動】その2 休み時間にしてはいけないこと – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

最低限必要なもの

  • 受験票
  • 筆記用具
  • 鉛筆消しゴムとも多めに。
    鉛筆は受験科目数の1.5倍~2倍が目安です。

  • 鉛筆削りやシャープペンシルの芯
  • 交通費(PASMO、Suicaなど)
  • ICカードでしたら、あらかじめ多めにチャージしておくと、予定以外の路線で行かざるを得ない時も安心ですね。

  • お弁当、水筒
  • 食べつけているものを。

  • アナログの時計
  • デジタルより圧倒的に見やすいです。
    とくに残り時間が分かりやすいので、これを機にアナログの時計を持ちましょう。

  • ハンカチ、ティッシュ、マスクなど

a1180_006142

有るとよいもの

  • 防寒対策
  • 暖房から離れていたり、入り口付近の場合は思った以上に寒いです。カイロやマフラー、ストールなど持っていくといいですね。

  • コンタクトレンズの替えや眼鏡
  • 普段コンタクトレンズの人は、試験中に外れるなどのトラブルがあったとき用に、予備のコンタクトレンズや眼鏡を。
    授業中などだけ眼鏡をかける人も必ず持っていきましょう。
    問題の訂正を黒板に書いていたけど、見えなかった、では悲しすぎます。

  • 携帯電話、スマートフォン
  • 試験中は電源OFF。

  • 薬の類
  • 痛み止めや下痢止めなど必要に応じて。

なくてもよいもの

  • 参考書の類

荷物を軽くしておく上でも必要最低限にしておきましょう。
安心してください、持って行っても使わない可能性が高いです。
お守り代わりに、これぞ、というものだけ厳選して持っていくといいかもしれません。

まとめ

入試当日はあれもこれも、と持っていくよりも必要最低限のものと、本当に困ったときに助けてもらえるものに絞るといいですね。

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。