続・続けるってやっぱり大事だよね、と実感した 続ければ「量」となる

昨日の話に関連した内容を。

続けるってやっぱり大事だよね、と実感した 「秦野お掃除隊」に行ってきた | 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

昨年から積極的に情報発信を進めております。
ブログは昨年300本、今年は今日のが181本目。
メルマガは昨年6月から始めて、今日発行のものが69本目。

ふと計算してみたんです。

ブログが1本平均700字くらい、メルマガが1200字くらい。

700×481=336700字
1200×69=82800字

わわ、この2年足らずの間で42万字くらいは書いている計算。

いわゆる単行本が1冊10万字ですので、本4冊分の計算。
われながらびっくりしてしまいました。

a1180_011562

自慢をするつもりはないんです。
世の中もっとアウトプットされている方はいますので、全く喜べる量ではない。
ただ、この量を書くにも、毎日ではないものの、1年9か月かかっています。

考えてみればなんでもそうですよね。
プロのスポーツ選手は、プロのステージに立つまでにどれだけの練習をしたのでしょうか。
野球選手なら、それこそ数え切れないほどバットを振っているし、数え切れないほどボールを投げているし、数え切れない距離走っているはず。

何かが「できる」ようになるためには、圧倒的な量が必要で、その「量」を作り出すためには、コツコツ続けることは必要。

勉強で思ったように成績が出ないな、なんだかもやもやするな、と悩んでいるみなさんへ。

圧倒的な量の学習をしていますか?
コツコツ勉強し続けていますか?

多くの先生が「ときなおしが良い」とか、「学校のワークを5回繰り返せば完璧になる」とお話しされますが、当然のことなのです。

自分がどうなったら格好いいですか?
その姿になるまで、ひたすら繰り返してみる、というのはどうでしょう?

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。