中1,中2,高1が今のうちにやる受験対策 知っておくべきたった1つのこと

中3の皆さんは入試まであと150日ほど。
高3の皆さんはセンターまであと120日ほど。

SFにも昨日も多くの受験生がトレーニングで集まってくれていました。
特に中1、中2の皆さんも少しずつ中3の様子が気になってくるので、我々もそれに合わせて受験に向けた話をし始めます。

といっても話す内容はたったの一つだけ。

「今のうちに高校の情報をできるだけたくさん得よう」

ということ。

高校の情報とは

  • 住んでいる地域にどんな高校があるか
  • その高校はどの先輩が通っているのか
  • その高校は学習面、部活、行事に特徴があるのか

などなど。

意外と知らないまま受験生になってしまうことが多いようです。

どうせ選ぶなら、自分が行きたい、と思える高校を選びたいですよね。
そのための情報は早いうちから集めておきたいもの。

どうやって集めるのか

  • 受験情報誌
  • インターネット
  • 学校や塾の先生に聞く
  • 先輩に聞く

なんでもよいと思います。

知っている、情報を持っていることがとても大切です。

8785445626_587fdac14d_b

高校生ならば1年生のうちに

高校生は1年生のうちに次の進路を考えないといけないですよね。
また、高校によってはすでに来年の選択教科を決めており、進路の方向がきまりつつあるのかもしれません。
ただ、いずれにしても情報収集は必要ですから、少しずつ集めていくようにしましょう。

ちなみに

神奈川県の公立高校入試では中2の3学期の通信票の成績から選抜資料として使われます。
どれくらいの成績でどの高校がいけるか、ということも、これからの定期テストの目標を立てるための情報となりますね。
優先順位は高くはないですが、ぎりぎりになって知ったのでは遅いこともあります。

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。