今年もやったぞ「中3ミニ合宿」!その2 合宿のスケジュールは長いようで短い

さて、ミニ合宿のレポートに戻ります。

第1回はこちら。今年もやったぞ「中3ミニ合宿」!その1 準備は入試が終わった瞬間から  | 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

前回もお話ししたとおり合宿は2日間の通い形式。
その分みっちりできるのです。
2日とも9:30-19:30まで10時間×2。
結構きつい。

意外と余裕のスケジュール

1日目

20150812_210823
20150812_210841

2日目

CL7KVmoUwAAuyrr
CL7KVv4UsAAn2JO

よーくみると、休憩が結構あります。

秘密は25分授業

SF-Learningは25分授業で実施中! 思った以上に大好評な件 | 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
以前からお話している通り、ポモドーロテクニックを応用し、25分授業で展開。
2時間経つと、お昼またはおやつの時間。

この繰り返しなので、生徒さんからすると、頻繁にやることが変わるので、気分転換ができるようです。
後から感想を聞くと、きまって

「思っていたよりあっという間だった」

という声が聞かれます。

今回は、初日の最初にアイスブレイクの時間を入れたり、各日の終わりにはその日の内容をアウトプットする時間を入れたり、特別授業を長めに取ったり、昨年よりもバージョンアップしました。

まとめ

25分の中身も、私が説明したり、問題演習したり、ときには入試問題を体験してみたり、と結構盛りだくさんです。
この合宿を経て、「ちょっと自分やばいぞ」「よし、頑張ろう!」って少しでも思ってもらえたならば、大成功です。

 

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。