正しく日本語を使い分けるとかっこいい たまには辞書をひくのも悪くない

昨夜ふとテレビでニュースを見ていてきになったこと。

「○○は××について陳謝しました」

と、アナウンサーの声が流れてきたところで、はて、と思うのです。

「謝罪」じゃないんだね。

「陳謝」と「謝罪」ってどう違うのかな?

そこで調べました

「陳謝」事情を述べてわびること。「不祥事を深く―する」

「謝罪」罪や過ちをわびること。「被害者に―する」「―広告」

(goo辞書より)

なるほど。

特に「言葉」でお詫びすることが「陳謝」なんですね。

なんとなく言葉の響きから、謝り方の程度の問題だと思っていました。

他にもあるのかな

例えば思いつくところでは「解答」と「回答」とか。

「解答」問題を解いて答えを出すこと。また、その答え。「数学の問題に―する」

「回答」質問・要求などに答えること。また、その答え。「調査に―する」「満額―」

(goo辞書より)

まとめ

a0055_000855

以前も書きましたが、テレビ番組でテロップが漢字間違いをしていたり、「小学校で習う漢字がほとんど読めない」ことが売りになったり、なんとなく正しくない言葉に対して世の中が鈍感になっている気がします。

ただ教育に携わる者、いや、一大人として、正しい言葉を子供たちに伝えたいし、そのためにはもっと自分が学びたい。

SF-Learningでは小学生の国語の時間にときどき「辞書ひき」をやらせています。

お題の言葉の意味を辞書で調べ、例文をつくる、時間にして5分くらいですが、意外に生徒さんは楽しそうにやってくれています。

電子辞書でも紙の辞書でもよいですが、たまにはことばの意味を確認して使いたいものですね。

 

こんな本もあります

でか文字 間違いやすい漢字・類義語使い分け辞典 | 読売新聞東京本社校閲部 | 家庭通販 | PHP研究所

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。