SF-Learningは「使える場」です!

本日から新年度説明会が始まりました。
週末何回かを使って、行います。

今回の説明会の中で、SF-Learningを表すキーワードとして

・「使える場」
・「考える力」

を挙げています。

high_school3_soft

「先生の言うことを聞きなさい」という言葉に違和感

このキーワードが出てきたのは、今まで働いてきたときに持っていた「違和感」からです。

ある塾の先生が、「先生の言うことを聞きなさい」

という言葉をたびたび繰り返しながら授業を行っていると、聞きました。

確かに一つの方法ではありますし、子供も言われた通りすればいいのだから、楽です。
ただ、「言われた通りできる」という能力だけ伸ばすことで、その子の将来に役立つかは疑問。

だから自分で考え、与えられた環境を生かすことを知ってほしい。そう考えました。

「来て座っているだけでは成果が出ない」

と、いつも生徒さんに言い続けています。

自分がこの場で学んだこと、学校で学んだことを使って、自分のものにすることが大事です。

塾に来ているから、自分は勉強できている、って思い込む生徒さんが少なくありません。

が、勉強できている、なんて、そんなことはないんです。

「『自力でできる教科』と『助けが必要な教科』を分けましょう。」

これはよく面談の場で言います。
SFでは学年や時期を問わずいつでも受講教科の選択ができます。
「入試は5教科だから5教科セットで受講してください」
ってことはありません。

勉強はいつかは自分でやるもの。
じゃあ、ある日急に自分でできるようになるか。

なりません。

だから、自分でできることは極力自分でやれるようにしたいですし、
こちらがちょっと背中を押すだけでいい教科、たまに指導してあげるだけで大丈夫ならば、そうしたい。

もちろん、手助けが必要なものはこちらでしっかり見てあげたい、そう考えています。

だからいろいろな通い方を可能にしました。

SF-Learningの指導スタイルは3種類。

この3種類のうちから一つを選ぶのではなく、ニーズに合わせて組み合わせるハイブリッド型の学習をしています。

英語はクラス授業、数学は個別指導、他の科目はトレーニング(個別演習) とか。

細かくお話を聞きながら学習方法を決めますし、また途中で変えることも自由です。

自分の合う学習を見つけてほしい、そう願っています。

 

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。