大人は子どもの背中を押すだけで十分 中間テストでの成長が見える3景

今回は各中学の修学旅行の都合で、1学期中間テストが3週にわたって順繰りに実施。

んで、再来週には、2期制の中学の前期中間テスト。

んで、その2週後には3期制の中学の1学期期末テスト。

なかなかタイトなテスト日程ですが、SFのスタッフはもとより、生徒さんもとても頑張っています。

今回感じたのは、やっぱり、テストをきっかけに成長するということ。

自然に自習に足を運ぶ生徒さん

040今まで「自習においでよ」と何度声をかけても、来てくれなかった中3の生徒さん。

本人に思うところがあったのか、テスト直前の1週間は何度も来てくれました。

しかも自分から「今、SF空いてますか?空いてたら行こうとおもんだけど」って電話してくれるまでに成長!

そして自習に来たら、誰よりも集中して学習に取り組んでいた姿勢に驚き。

いい結果につながるといいね!

テスト勉強を通じて好きな教科ができた生徒さん

この春から通い始めた中2の生徒さん。

塾も初めてで緊張や戸惑いもあり、最初はなかなかうまく学習の軌道に乗れませんでした。

そんな中、テスト前にひたすらがんばった教科を「好きになった」ようだ、とスタッフから報告を受け、感激。

確かに今回のテストではきっちりいい点数とってきていました!

自分でがんばる、と決めて、さらに結果も出たんだったら、「好き」につながりますよね。

 

計画的な学習が少しわかってきた1年生

1年生は初めての定期テスト。1か月前から始まるSF流のテスト対策に戸惑いながらも頑張ってくれていました。

学校帰りにお友達と自習に寄ってくれたり。

「『暗記集』3回目入ったよ!」なんて逐一教えてくれたり。

例年の1年生に比べ、とても気合が入っていたように思います。

まとめ

大人が「こうしなさい」「ああしなさい」と言ったところで、子供が言うこと聞いてくれるとは限りません。

むしろ、自分から「必要だ」と思うことが大事ですし、その思いが生まれるちょっと手前まで背中を押してあげれば十分。

もちろん、テストの結果は、がんばったから成果が出るものでもないし、毎回上がったり下がったりするもの。

今回納得いかなかったことが修正されて、少しずつでいいので、成長し続けるといいな、と思います。

この記事を書いた人

杉原 伸太郎

1977年11月18日東京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
大手学習塾での勤務を経て2010年4月SF-Learningを起業。
「考える力」をつける指導を目指し、未来の担う子供たちを応援。
小学校PTAをはじめ、地域活動にも参加。
常に新しいことを取り入れて、日々変化し続けています。
2児の父。