Read Article

きょうは皆既月食ですよ! あれ、でも天気悪いな。

というわけで、きょうは皆既月食が見られるとのこと。

ぜひ、少しの間だけでも外の月を眺めましょう。

皆既月食 2014年10月8日 | 国立天文台(NAOJ)
こちらに詳しく載ってます

 



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月食とは

この地球の影の中を月が通過することによって、月が暗くなったり、欠けたように見えたりする現象が「月食」です。

月食は、太陽-地球-月が一直線に並ぶとき、つまり、満月のときだけに起こります。ただし、星空の中での太陽の通り道(黄道)に対して月の通り道(白道)が傾いているため、ふだんの満月は、地球の影の北側や南側にそれた位置になります。満月のたびに月食が起こるというわけではありません。

(上記国立天文台サイトより引用)

皆既月食の見え方

皆既食では、月が本影の中に完全に入り込みます。しかし、皆既食中の月は真っ暗になって見えなくなるわけではなく、「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色に見えます。

地球のまわりには大気があります。太陽光が大気の中を通過する際、波長の短い青い光は空気の分子によって散乱され、大気をほとんど通過することができません。一方、波長の長い赤い光は散乱されにくく、光が弱められながらも大気を通過することができます。これは、朝日や夕日が赤く見えるのと同じ理由です。また、大気がレンズのような役割を果たし、太陽光が屈折されて本影の内側に入り込みます。このかすかな赤い光が皆既食中の月面を照らし、月が赤黒く見えるのです。

(同サイトより引用)

 

へー、この仕組みは知りませんでした。

反省の意をこめ、授業の合間に見てみることとします。

ところが現在秦野市は曇り。

うーん、どうかな……。

ご参考まてに

月食各地予報
秦野市の月食の様子

 

キャプチャ(上記サイトにて作成)

 

ところで

つぎに日本で見られる皆既月食は2015年(来年)4月4日たそう。

意外に高頻度なんですね。

このブログの作者

20年後のリーダーを育てる 杉原伸太郎

都立戸山高校、慶應義塾大学総合政策学部卒。

米国NLP™協会認定プラクティショナー

マザーカレッジ認定講師

学習塾SF-Learning代表とし、神奈川県秦野市内の小中学生に既存の学習塾の常識を打ち破る指導を実践するとともに、学習計画帳の制作販売を全国向けに展開。

コミュニケーションワークショップ実績多数。

ブログ「小中学生の親子が知りたいとっておきの学習法」

メルマガ「親子で学びたい小中学生の学習法」

詳しいプロフィールはこちら。

「20年後のリーダーを育てる」 SF-Learning代表 杉原伸太郎の紹介 – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

Return Top