「授業しない塾」の先生は何をするのか

有名タレントを使って「無意味な授業はしません」と宣伝する、某有名FC塾がこの秦野にもできるとのこと。

弊塾も以前から授業をしていませんでしたが、今年からは一部の個別指導を除いてすべて授業をなくしました。

塾の先生からすると、授業をしたほうが楽だ、と私は考えています。

自分のやり方で教え、自分のやり方を子供たちに強制する。
あるいは、大手塾であれば、だれがやっても均一の指導を提供できる。
言い方は悪いですが、「型にはめる」ことができる分、授業をベースとした指導のほうがやりやすいはずです。

ですから授業をしないで指導する、ということはとてつもなく大変なことです。

  • 子供の今の実力を見極める
  • 子供たちがどのような個性を持っているかを見極める
  • 子供たちがどんな成長曲線を描くか予測する
  • そのうえで今やるべきことを提示し、管理する
  • 都度都度で微修正をしながら、目的(例えば志望校合格)へ導く

一人一人に合わせて学習のかじ取りをしていくわけです。
決して、決まったレールに乗せるわけではないため、意外に考えること、やることが多い。
だから塾長のみならず、学生講師にも高い能力が求められます。

かつSF-Learningは「自律学習」を主としていますので、こちらから「命令」して「やらせる」わけではありません。
(だから、1on1では私が生徒さんに「なぜ今その勉強をしているのか」と意図を聞くことがあります。なんとなく勉強はさせていないのです)

この記事を書いた人

Shintaro Sugihara