SF-Learningは1on1を中心とした指導です

SF-Learningの中学生には毎週1回の1on1を必ず行っています。
簡単に言えば、毎週1回2者面談がある、ということ。
授業という形での接点ではなく、週1回勉強のやり方や進度をメンテナンスできる仕組みです。

話している内容は

  • ここまでの1週間でどんな勉強をしたか
  • 今の課題や今後の予定の確認
  • 次の1週間でやるべきこと
  • 最近の学校の様子
  • 雑談

最近多くの会社が取り入れている1on1のように、生徒さんのほうがたくさん話すようにして、私はできるだけ聞き役に回ります。

SF-Learningの中学生には毎週1回の1on1を必ず行っています。
簡単に言えば、毎週1回2者面談がある、ということ。
授業という形での接点ではなく、週1回勉強のやり方や進度をメンテナンスできる仕組みです。

話している内容は

  • ここまでの1週間でどんな勉強をしたか
  • 今の課題や今後の予定の確認
  • 次の1週間でやるべきこと
  • 最近の学校の様子
  • 雑談

最近多くの会社が取り入れている1on1のように、生徒さんのほうがたくさん話すようにして、私はできるだけ聞き役に回ります。

とはいえ、相手は中学生ですから、まだまだ自分の中に十分こたえを持っているとは限りません。
私がアドバイスしたり、時に「こういうものだ」と教えたりすることもあります。

昨年から始めて、1年で生徒さんは大きく変わりました。
間違いなく積極的になったし、「他人事」ではなく、「自分事」として勉強に向かうことができています。
そのことがすぐに成績に反映するとは限りませんが、「自分事」の中で見つけた地震の勉強スタイルが一生使えるものになることは間違いありません。

この記事を書いた人

Shintaro Sugihara