自読考®とは

スーパー飛び級®コースの指導における最大の特長は「自読考®」と呼ばれる仕組みです。

自読考®とは

これは、「自分で読み、頭の中で授業を展開し進めて行く、押し付けられない、教えない学び」ということ。

乳幼児期の子どもは、誰もが大人の真似をして仲間に入ろうとします。
「学び」は大人の「真似」から入ります。

3歳を超えると本能的に文字や数字に興味を持ち始めます。
「自読考®」は本能の学びを阻害せず、自分のペースで学びたいことをやりたいだけやれる、しくみです。

また小学校以上になると、大人に依存することなく、自立した学習を早期に組み立てることができる仕組みです。

自読考®のメリット

学ぶ意思と知る(分かる)喜びが、積極的な学びを誘発する
自読考®よる成功体験の連続が自立(心)を高める
意思が働くから熱中できる(個々への対応を必要とする)
完璧な知識の習得と人間教育ができる
学力再生が容易にできる

この記事を書いた人

Shintaro Sugihara