5月22日水曜日 算数の中でも国語の力はつけられます

今日もスーパー飛び級®の話題から。スーパー飛び級®は自分で読んで考える、「自読考」のスタイルです。
ですから、算数のプリントをやっていたとしても、読む力がつきます。

しかし低学年の生徒さんほど、プリントを自分で読んで考えるのは大変。
フリガナ振ってあれば読めるか、というとそうでもない。

そこで音読をしながら進めます。
黙読させているだけでは書いていることを理解できなくても、声に出してみると気づいたり、そこから新たな発想が生まれたりするのですね。

今日も3年生のA君は大きな声で音読しながら頑張っています!

この記事を書いた人

Shintaro Sugihara