3月4日月曜日 「組織の成功循環モデル」に基づく面談ベースの学習指導

3月に入りまして、新年度の授業が始まりました。

中学生はこれから毎週全員と2者面談をしていきます。
今までも定期テスト後などにかなり細かく面談をしてましたが、週1ともなると私にも準備がとても必要です。

しかしながら、面談を通じて子供たちが主体的に考える時間が増えますので、これは大きく子供たちの行動を変えるきっかけとなります。
そしてその行動の変化こそが子供たちに成果をもたらすのです。

参考

まだまだ始まったばかりですが、これからの子供たちの変化がとても楽しみです。

この記事を書いた人

Shintaro Sugihara