Read Article

「今日のすぎさま」まとめ13 今の時期に身につけたい学習のコツ

今日のすぎさま(@sugisama_today)さん | Twitter
今日のすぎさま(@sugisama_today)さん | Twitter
「今日のすぎさま」まとめ12 新学期だから伝えたいこととは
「今日のすぎさま」まとめ11 本番のつもりで練習に臨むこと – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
「今日のすぎさま」まとめ10 目的を持って勉強することが大切です – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
「今日のすぎさま」まとめ8 勉強には順番や段階があるということ – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
「今日のすぎさま」まとめ8 受験直前ですが受験にこだわらない内容です – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
「今日のすぎさま」まとめ7 最近フォロワーさんが増えてきています – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
「今日のすぎさま」まとめ6 中学生になったら役立つことをたくさん書きました – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
「今日のすぎさま」まとめ5 2018年もつぶやき続けていきます – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
「今日のすぎさま」まとめ4 普段の勉強はほんのちょっとの工夫で変わる – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
「今日のすぎさま」まとめ3 テストの結果を普段の勉強に結びつけるには – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
「今日のすぎさま」まとめ2 勉強が得意になるかならないかは紙一重 – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法
「今日のすぎさま」まとめ1 ほぼ毎日学習のコツをつぶやいています – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

約1か月たまってしまいました。
この時期は授業もたくさん進まないので、何を勉強したらいいか迷う時期です。
だからこそ、きちんとした習慣をつけたいですね。


「うなずき作戦」とはべたな名前ですが(笑)、実際授業を聞くのも大事ですが、聞いているという意思表示も大事。
実際うなずいていると話が入ってくるものです。


学校のワークはテスト前に提出課題とされるもの。
どうせ課題になるってわかっているなら、早いうちから手を付けましょう。
締め切りはあっても、スタートはないんですから、フライングしまくりでOKです。


以前このブログでも「小テスト2乗の法則」を紹介しました。
小テストを8割正解してOKにしていると、定期テストでは6,7割しか取れないもの。
だから普段から満点を目指すべき。


正しい勉強の仕方なんて誰も知りません。
その人その人で「正しい勉強」は違うから。
今のやり方が上手くいかないなら、別のやり方を試してみましょう。


何事もそうですが、「好きになる」には段階があります。
それは「うれしい」「楽しい」「大好き」の順です。
(あれ、どっかで聞いたことあるな♪)


学校の成績を気にするなら、最低限先生が求めることはしましょう、ということ。


暗記は目だけ、手だけ、耳だけでは覚えられません。
体全体から取り入れた情報が結びついてこそ暗記できるのです。


「勉強がいや」という気持ちがあると、なるべく早く終わらせようとしがち。
でも、スピードばかり追うと正確さが失われます。
まず正確にできるようになってからスピードアップしましょう。


「間違えていい」という気持ちが勉強を楽しい、という気持ちにつながります。
大人が間違ったことをとがめないことってとても大事です。


中学生までの勉強は時間をかければ何とかなるもの。
ただ、もちろん時間がないからこそ効率よくやることも大切です。

そろそろ100本です。
5月中にはいくかな。
また、次回。

URL :
TRACKBACK URL :

このブログの作者

20年後のリーダーを育てる 杉原伸太郎

都立戸山高校、慶應義塾大学総合政策学部卒。

米国NLP™協会認定プラクティショナー

マザーカレッジ認定講師

学習塾SF-Learning代表とし、神奈川県秦野市内の小中学生に既存の学習塾の常識を打ち破る指導を実践するとともに、学習計画帳の制作販売を全国向けに展開。

コミュニケーションワークショップ実績多数。

ブログ「小中学生の親子が知りたいとっておきの学習法」

メルマガ「親子で学びたい小中学生の学習法」

詳しいプロフィールはこちら。

「20年後のリーダーを育てる」 SF-Learning代表 杉原伸太郎の紹介 – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

Return Top