Read Article

架神恭介,辰巳一世「完全教祖マニュアル」 教育者は教祖を目指すべき?!

だいぶ前に勧められて読んだ本。

https://amzn.to/2HTSAdq

なるほど、教育と宗教は紙一重ですね。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

宗教はなんのため

「教祖は人をハッピーにするお仕事なのです」(本書P13より引用)

日本人は宗教からやや縁遠いところで生活しています。
私も「宗教」といえば、たまーに午前中訪問勧誘に来る人たちを思い浮かべてしまいます。
あるいは世界史で習ったこと、とか。
冠婚葬祭もどちらかと言えば形式的に感じてしまっており、とくに宗教的感情はありません。

それだけに「宗教って何のためにあるのか」ということに対して明確に答えられませんでした。
「人をハッピーにする」
こんなにわかりやすい定義はないですね。
なるほど。この一言だけでもさらに先を読んでみたくなります。

教祖の成立要件は以下の二要素です。つまり、「なにか言う人」「それを信じる人」。(中略)「何か言う人」が教祖となり、「それを信じる人」が信者となるわけです。
(本書11ページより引用)

教育についても、教育をする(教師)の言葉を信じる子どもたちや保護者たちがいて成り立つもの。
「教師の言うことを信じる子どもや保護者」の図式は宗教に似ています。
また、お正月のニュースで映し出される、中学受験塾で子どもたちがハチマキ締めて「エイエイオー」なんてやっている姿はどこか宗教染みています。

置き換えて読むとビジネスにつながる

この本はタイトル通り、新興宗教を作るための本です。
しかし、言葉を置き換えていけば、いろんな部分に使えます。

教祖 → 社長
神、教義 → 経営方針
信者 → 従業員、顧客
などなど

例えばビジネスに置き換えるとすればこんなところでしょうか。
会社もまた宗教同様に「人をハッピーにする」ために存在しています。
そういう意味では、自分の立場に置き換えて読むと、違った見方ができて面白いですね。

チェックリストがついているから安心

各章の最後にはチェックリストがついているので、忘れる心配がありません。

たとえば、

□神は用意したか
□小学生でもすべきことが分かるか
□暦は作ったか

まとめ

その他小ネタも多いですし、宗教の豆知識もたくさん載っています。
学校で習うときってあまりにも中途半端に習いますから、ややもすると宗教家の名前を憶えておしまい、とかになりがち。
しかし、深く追求していくと、宗教的な理由から始まっている出来事もたくさんあるし、今では当たり前のものが実は宗教的な背景がある、なんてこともありますよね。

もちろん私は「教祖」になる予定はありませんが(笑)、教育と宗教はつながるところがありますね。
怖いもの見たさに読むもよし、ビジネスのヒントとして読むもよし、興味深い本です。

URL :
TRACKBACK URL :

このブログの作者

20年後のリーダーを育てる 杉原伸太郎

都立戸山高校、慶應義塾大学総合政策学部卒。

米国NLP™協会認定プラクティショナー

マザーカレッジ認定講師

学習塾SF-Learning代表とし、神奈川県秦野市内の小中学生に既存の学習塾の常識を打ち破る指導を実践するとともに、学習計画帳の制作販売を全国向けに展開。

コミュニケーションワークショップ実績多数。

ブログ「小中学生の親子が知りたいとっておきの学習法」

メルマガ「親子で学びたい小中学生の学習法」

詳しいプロフィールはこちら。

「20年後のリーダーを育てる」 SF-Learning代表 杉原伸太郎の紹介 – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

Return Top