Read Article

入試に持っていくのはアナログ時計かストップウォッチ 残り時間が分かるものを

各学校で入試が始まりました。

入試の時には必ず時計を持っていくよう言われます。
会場によっては横や後ろを向かないと見えないことがあります。
また、いまだ時計の置いていない会場もあります。

持っていくべきはアナログ時計かストップウォッチ機能のあるデジタルがいいですね。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

理由はたった1つ

試験中に時計を見るとすれば、残り時間を知りたいとき。
ぱっとみて、さっとわかるのがいい。

デジタル時計で時刻表示していると、残り時間を計算するのに手間がかかります。
アナログ時計は感覚的にわかるのでおすすめです。
しかもできるだけシンプルなデザインなものを。
見やすさを第1に選んでくださいね。

デジタルのものしかなければ、ストップウォッチ機能でカウントダウンしていくならば、いいですね。
音が出ないようにだけ気をつけましょう。
また学校によっては注意される場合がありますから、強くおすすめはできません。

なぜ残り時間が大切か

残り時間が分かると、まだ解ききっていない問題と照らし合わせて、どこにどれだけ時間をかけられるかわかりますね。

おそらく入試に臨む前に過去問を解いているので、問題の傾向が分かっているはず。
あらかじめどの大問に何分かける、という計算をして、残り何分の段階でどこまで進んでいればいい、というのをつかんでおきましょう。

まとめ

私が大学受験の時に、午後の試験で教室が暑すぎて問題文読んでいるうちに眠くなってしまったことがあります。
何とかなって無事合格したのも、時間を意識できていたからだと思っています。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top