Read Article

自分のことを自分で知るために 長所は人に聞く 短所は言いかえる

今日は月に1回の面接講座。

神奈川県の公立入試では全員に面接が課されます。
選抜に使われる割合としてはそう高くはないものの、やはりボーダーライン近辺では面接の結果いかんでは合否に大きく関わります。

面接講座では実際の面接の受け方そのもの、だけでなく、自信持って受け答えができるよう、志望理由などを深堀りする時間にしています。

今日のテーマの1つは「自己分析」

886026.pdf
886026.pdf

short :
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

「よいところ」は自分ではわからない

入試の面接時の資料として「面接シート」なるものがあります。

その中の1項目に「自分自身のよいところはどんなところだと思いますか?」というものがあります。
自分の長所を語らないといけない、結構大変です。

どうしても自分自身のことは悪く見えがち。
ことに中学生であれば、隣の芝生はとても青く見えるもの。

だから自分自身で「よいところ」を見つけなくてもよいんです。
両親、親御さん…、など人に聞けばいい。

短所は「言いかえる」

だから、短所は自分一人でもすぐに見つけられます。

短所は長所と表裏一体。
言い方次第で、短所も長所に変わります。

「行動が遅い」 → 「思慮深い」
「おしゃべり」 → 「明るい」「ムードメーカー」

言いかえ(リフレーミング)についてはこちらの記事も。
ママのイライラ言葉言い換え辞典 ポジティブな声掛けで明るい未来を! – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

まとめ

「自己分析」という言葉はわたくしにとって、就職活動で初めて知った言葉でした。
そしてえらく苦労したのを覚えています。

昔よりもましになったとはいえ、学校生活の中ではとかく個性が目立たなくなりがちです。
とはいえ、就職試験では「個性的」であることが求められます。

できるだけ早いうちに、子供たちに「個性」に気づいてほしいし、さらにそれを活かして生きてほしい。
そのためには大人が子供たちの「個性」を認めたり、「いいところ」を見つけて伝えてあげたりしたいものですね。

URL :
TRACKBACK URL :

このブログの作者

20年後のリーダーを育てる 杉原伸太郎

都立戸山高校、慶應義塾大学総合政策学部卒。

米国NLP™協会認定プラクティショナー

マザーカレッジ認定講師

学習塾SF-Learning代表とし、神奈川県秦野市内の小中学生に既存の学習塾の常識を打ち破る指導を実践するとともに、学習計画帳の制作販売を全国向けに展開。

コミュニケーションワークショップ実績多数。

ブログ「小中学生の親子が知りたいとっておきの学習法」

メルマガ「親子で学びたい小中学生の学習法」

詳しいプロフィールはこちら。

「20年後のリーダーを育てる」 SF-Learning代表 杉原伸太郎の紹介 – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

Return Top