Read Article

受験生の親御さんは焦らないことが大切 お子さんが最大限の力を出す方法

この時期になると、多くの保護者の方からご相談を受けます。
保護者の方も間違いなく心配。
とくに中学3年生は成績が決まる最後の定期テストが近いですから、保護者の方の心配や祈る気持ちもなおさら強いですよね。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

親の心は子も知っている

お子様は間違いなくおうちの方が心配してらっしゃるのを気にしています。
だからこそプレッシャーにもなるし、ちょっと疎ましくもなります。
「わかってるよー」とか、
「あー、今勉強しようと思ったのに、やる気なくしたー」とか、これは本音。
だからおうちの方が平然としていたほうがお子さんにとっては安心です。

「心配」の気持ちは外で発散

とはいえ、心配が消えるわけではありません。
人間だもの(ん?)

そういう時に吐き出せるとこがあるといいですよね。
夫婦で話すもよし。
ママ友、パパ友と話すもよし。
塾の先生に話すもよし。
ストレス発散に何か、というのもたまには悪くないでしょう。
なにかしら、はけ口を用意しておきたい。

言いかえるとお子さんに伝わりやすい

お子さんには
「がんばれ」ではなく、「がんばってるね」
「大丈夫?」ではなく、「大丈夫だよ」
お子さんのことを信頼している、ということを前面に伝えてあげてください。

まとめ

わたくしも昨年は受験生の父。
いつもとは違う落ち着かなさはちょっとだけ感じています。
とはいえ中学受験でしたし、だめなら地元の中学でいいや、と思っていたので、切羽詰まってはなかったかも。

お子さんが最大限の力を出すために一番大事なことは、親御さんがお子さんを信頼し、平常運転することです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top