Read Article

英語は自分から使ってこそ身につくんじゃないか 自分の経験を思い出した

自分が英語で話すことに抵抗がなくなったのっていつなんだろう、とふと思い出しています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

何も考えず出かけた海外旅行

最初の経験は学生時代に一人でいったシンガポール。

最初の海外旅行が一人旅。
我ながら、よくやったな
確かに日系の方はいらっしゃいますし、一生懸命英語っぽく話したら相手が日本人だった、ってこともあります(笑)。

しかしどこぞに行ったときに急に現地の中学生らしき子に話しかけられ、何も言えずに逃げた記憶があります。
(たぶん募金のおねがいだかなんかだと思う)

仕事も一つのきっかけ

仕事で英語を教えるようになったのも抵抗感がなくなったきっかけの一つ。
英語の授業で話す、とか。
あるいは保護者の方などと英語でやり取りする、とか。
ま、やらされている、といえばそうなんですが。

フリートークは度胸がつく

前書いたっけな、まあいいや。
以前仕事の用事で大阪に行った時のこと。
駅で電車を待っているときに、外国から来られたビジネスマンに「これは●●まで行くのか」「いつになったら電車が来るんだ」
と英語できかれたことがあります。
ちょうど遅延したから近くにいた私に声をかけたのでしょう。
そこから電車が来るまで10分近く話をしました。
相手の質問を何ども訊き返したり、いろいろ説明しても「よくわからん」と返されたり、お世辞にもほめられたコミュニケーションではなかった。
しかし、妙に落ち着いてたし、その後英語で話しかけられても抵抗感がなくなりました。

フリートークしないといけない場面ならば度胸つきます。

修学旅行での課題に驚く

数年前に、とある小学校の修学旅行で、観光地に行って外国人観光客に英語でインタビューしよう、ということをやらせていると聞き、ちょっとびっくりしています。

しかも色々見ていると、全国でそういう取り組みがあると知ってびっくり。

確かに英語コミュニケーションのきっかけにはなるけれど、学校からの課題としてやるのも変な話。
あるいは、急に話しかけられたら観光客の皆さんはどう思うんだろう。
すくなくともプラスの印象はないんじゃないかな。

まとめ

自分で使ってみる、ということをしないと語学は伸びない。
日本の中にいるだけでは圧倒的に使う機会がないのは確かですよね。
学校外での取り組みが大切なのかもしれません。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top