Read Article

定期テスト前の勉強は「階段を○○することと同じ」 普段の学習こそ大切

9月から10月のこの時期は各中学のテストが順番に行われるのでなかなか忙しい時期。

2学期制の学校は先週、今週がテスト。
3学期制の中間テストが9月末から10月初旬。
中3生が11月の初旬。
中1,2は11月末…。

2-3週間に1回テストが来る感覚です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

普段の学習こそ大事

テスト前になると慌てて学習を始めるお子さんがほとんどかと思いますが、実はテスト前に集中的にやって、それが成果に直結するのは総人数的に多くないはず。

結局は普段の学習、でしかない。

勉強を階段に例えてみよう

勉強を階段に例えるならば、普段の学習が普通に1段1段上っている状態。
テスト前に頑張るのは、階段で今いる団から上の段に飛び上がろうとする、みたいなものです。

つまり目標からあまり離れていて、かつ普段の勉強をしないでいると現状の低い位置からのジャンプですから、目標クリアは難しいことが多い。

「勉強することない」わけない

普段の勉強が大事、ということはずっと言い続けていましたが、そういう話をすると「勉強するものないし」と普通に言ってのける子もいます。
ちょっと耳を疑ってしまいます。

  • 学校でその日に習ったことは完璧でしょうか。
  • 学校や塾でやった小テストは100%解けるようになっているでしょうか。
  • あとから提出になるもので、今から手を付けられるものはないでしょうか。

まとめ

テストが終わったばかりの方は今から次に向けて準備を始めましょう。
もうすぐテストの人は今からでもしっかり力をためて、本番でできるだけ高い位置を狙えるようにしましょう。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top