Read Article

午前中に勉強をした方がいい本当の理由 脳が働きやすい時間を上手に使おう

今日が終業式、というところも多いようですね。

SFでも中学生が集まってくると、休み時間は成績の自慢大会。
特に1年生は初めての通信票ですから、新鮮な気持ちだったようです。

夏休みと言えば、宿題。
早速みんな取り組んでいます。

よく「朝の涼しいうちに勉強しましょう」なんて昔言われましたが、今日び、朝は涼しくありません!!
汗だくで目覚める、なんてこともありますよね。

ただし間違いなく朝は頭がすっきりしていてよく働きます。

それは「セロトニン」のおかげ

これは脳内ホルモンの影響。

セロトニンが分泌されると、「今日も1日頑張るぞ」という気持ちになります。身体にも力がみなぎり、ハツラツとした気分になります。頭もすっきりしていますから、すぐに仕事をスタートできる状態になるのです。(樺沢紫苑著「脳を最適化すれば能力は2倍になる」P175より)

セロトニンは朝日を浴びると分泌が始まります。
つまり、朝勉強しないといけない、というのは科学的に理にかなったことなのです。

まとめ

せっかくの夏休み、充実した期間にするためにも、「朝」が大事。
間違っても、夜更かしからの朝寝坊、の繰り返しにならないようにしたいものですね!

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top