Read Article

平成30年度神奈川県公立高校入試募集案内,実施要領 追試のしくみが明らかに!

昨日神奈川県教育委員会のホームページに来年度の公立高校入試の募集案内、実施要領が発表されていました。

学校でも配布されますので、入試が終わるまでは絶対保管しておきましょう!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

今年の目玉は「追検査」

今年の大きな変更点の一つに、「追検査」の実施が挙げられます。

共通選抜を志願する者のうち、インフルエンザの罹患等、やむを得ない事情により学力検査又は作
文(定時制の課程において、作文をもって学力検査に代える場合に限る。)の全てを受検できなかっ
た志願者の中で、追検査の受検を希望する者を対象として次により実施する。
(「平成30年度神奈川県公立高等学校の入学者の募集及び選抜実施要領」より引用 以下同じ)

いろんな保護者の方と話していると、この追検査の制度はかなり歓迎されています。
インフルエンザで朦朧とした状態で受験しないといけないとか、別室受験しないといけないなんてことがなくなりますからね。

ただ「インフルエンザの罹患等、やむを得ない事情」とある通りでどこまでがやむを得ない事情と認められるかは不明。

ちなみにセンター試験の要項では、「病気(インフルエンザ・ノロウィルス・風邪等を含む。)・負傷により試験を受験できない者、
試験上に向かう途中事故により試験を受験できない者、その他やむを得ない事由(両親等の危篤・自宅の火災等)により試験を受験できない者」
となっている様子。
ま、今年1年目ですから、実際運用しながらだんだん条件がはっきりしてくるかもしれませんね。

この資料を読むと追検査が行われるのは「学力検査」や「作文」のみです。
特色検査や面接は対象にならない、と読めます。

追検査の受検を希望する者の在学中学校又は出身中学校の校長は、必要事項を記入した追検査受
検願(第 28 号様式)を、志願先の高等学校(志願変更したときは、その志願変更先)の校長に提出す
る。この場合、追検査を受検する事由を証明する書類(医師の診断書等)を併せて提出しなければ
ならない。なお、提出期間及び受付時間は次のとおりとする。
提 出 期 間 平成30年2月14日(水)及び2月15日(木)
受 付 時 間2月14日(水)は、午後1時から午後4時まで2月15日(木)は、午前9時から正午まで

入試当日の午後または翌日午前中までに中学を通じて高校へ書類や診断書を提出する必要があるようです。
この辺り、おそらく中学の先生から細かい指示があると思われます。
念のため、保護者の方は、お父様お母さまどちらかでよいので、2月14日にお休みを取っておいた方が安心ですね。

追検査の期日は、次のとおりとする。
追 検 査 の 期 日  平成30年2月20(火)

検査の会場は、神奈川県立総合教育センター善行庁舎とする。
ただし、希望する者の人数及び施設の状況等により会場を追加・変更する場合がある。

追検査の日は以前に発表になっていましたが、県立高校の場合は1か所で集中実施のようです。
場所はここ。

遠方の方は注意が必要です。

ちなみに、横浜市立、川崎市立についてはまだ情報が出ていないかもしれません(これを書いている段階では発見できませんでした)

まとめ

来年度入試はこれ以外の大きな変化はありません。
(一部高校で試験教科が変わったり、選考基準が変わったりはありますが)

神奈川県の入試もここ数年は細かい改訂が入り続けています。
私も新しい情報に注意し、お伝えしていきます。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top