Read Article

平成30年度神奈川県公立高校入試選抜基準発表!大幅変更はない模様

神奈川県公立高校入試情報です。

昨日、公立高校入試における選考基準が発表されました。

今回発表されたのは、

  • 学力検査の実施教科
  • 特色検査の有無
  • 第1次選考における、内申点、入試得点、面接、特色検査の比重、重点化の有無
  • 第2次選考における、入試得点、面接、特色検査の比重、重点化の有無
  • 面接における評価の観点

などです。
高校によっては多少の改定はあるものの、大きく変更はない模様です。

学力検査の実施教科は、原則全日制(クリエイティブスクール以外)は5教科、定時制は3教科ですが、弥栄高校や神奈川総合高校など稀に例外があります。
クリエイティブスクールは学力検査がありません。

特色検査は旧学区トップ校の大半で自己表現検査(総合問題)、あとは体育系や芸術系での実技検査ですね。

第1次選考は定員の90%分を決める選考。
今のところ「内申4:入試4:面接2」が多いですね。
「内申3:入試5:面接2」や「内申5:入試3:面接2」もまだ見られます。
ただ、面接の比重が3以上の学校はだいぶ減った印象です。

重点化については、特定の教科の内申点や入試得点に2倍以内の比重をかけることができる制度。
そう大きな影響はないですが、志望校で実施される場合は注意が必要です。
もし重点化される教科が苦手教科であればかなり不利になります。

第2次選考は定員の10%分を決める選考。内申点は使われません。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

まとめ

中3生の皆さんは、自分の志望校の選考基準はいつ聞かれても答えられるようにしましょう。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top