Read Article

「今日の質問」には意図がある 脳みその準備運動してから勉強に入る大切さ

SF-Learningにはトレーニングという時間があります。

トレーニング | 秦野の学習塾SF-Learning オフィシャルサイト

教室にやって来たら、「メニュー表」といって、その日の学習内容を書いてもらう用紙を渡します。
スタッフはこれを見て、プリントの準備の算段だとか、質問対応の順番だとかを考えるわけです。
また、生徒の学習内容のチェックも同時に行います。

実はその裏面には「今日の質問」という、お題が載っています。
十数種類あって、生徒さんはその日によって違う質問がもらえます。(ダブることもありますが)

たとえば

  • 「自分を食べ物に例えるなら何?その理由は?」
  • 「もし生まれ変わるなら何になりたい?」
  • 「今日何人の人と話をした?」
  • 「今日の気分は何色?」

など。

たまに面白い回答もあり、我々は大喜利の司会者をやっている気分にもなれるのですが、実は意図的にやっているんです。
「今日の質問」の回答 傑作選① 子供たちの豊かな発想に脱帽 | 秦野の学習塾SF-Learning オフィシャルサイト

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

理由は「脳を活発にさせてから学習に入るため」

先に述べておきますが、科学的な根拠を持っているわけではないです。

中高生が集まるのは部活動も終わった夜の時間帯。
明らかにつかれています。
目が半分しか開いていない子も、中にはいます。

そのままの状態で学習を始めてもなかなか集中できないだろうし、まして頭に入らない。

そこで、ちょっと普段使わない頭を動かしてやろう、と思ったのです。

だから、普段されない質問、五感を働かせる質問を織り交ぜています。

CSSS85_kangaerujyosei20131019500-thumb-autox450%-4199

生徒さんが楽しみにしてくれている

当初は戸惑い気味だった生徒さんも、進んで書いてくれるようになりました。

休み時間はお友達同士で
「ねー、『今日の質問』なにー?」
「なんだよー、その答え(笑)」
という会話がなされていたり、

メニュー表をもらったときに、
「先生、おとといもこれだったから替えてー」って言ってきたり。

もちろん学習の入りはとてもよくなりました。
最初の集中がしっかりできています。

まとめ

そもそものきっかけは、いろいろセミナーで行われる、「アイスブレイク」。
「アイスブレイク」そのものも大切ですし、一度そこで突飛な質問をされたことがあった記憶があります。
さてさて、新しい質問考えなきゃ。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top