Read Article

小学生の学習をおろそかにすると中学以上で大変になる話 手遅れになるその前に。 

小学校での学習って意外と大事。
「学校の授業についていけるから大丈夫」と思っていると、意外に中学校以上で躓くこともあります。

-shared-img-thumb-max160114164323_TP_V

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

小学生のうちに文章題に触れてきたか

中学生、高校生と、学年が上がるにしたがって、いわゆる「文章題」を苦にする生徒さんは増えます。
もちろん数学に限った話ではありません。
その生徒さんが早いうちから文章題に触れているかどうか、まずはその量によって差が生まれると思います。

もっとも、中学入試で出るようないわゆる「特殊算」と呼ばれるものができるのがいい、とは言いません。
しかし、間違いなく中学校以上の学習では「読んで答える」問題の割合が増えます。
さらにその答えを文、あるいは文章で答えないといけなくなります。
早いうちから練習しているほうがいいに決まっています。

文章題を解くうえで大事なこと

いきなり文章問題を解け、といっても難しいですよね。
その前提として、できてほしいことは次の3つです。

  • 読む力
  • 変換する力
  • 計算する力

一つ一つについては、こちらでも触れていますし、改めて別記事でまとめます。
これらの力は日頃の積み重ねが大切ですし、年齢が高くなるとなかなか身につかない方も少なくないよう。

以前の参考記事

小学生のうちに知りたい計算の意味 文章題が苦手な皆さんは必見 – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

まとめ

昔から言う、「読み書き計算」の大切さは疑う余地はない。
私はそれに、「図形」も加えて保護者の皆さんに話をしています。
かたちをとらえることが先に述べた「変換する力」や「イメージ力」につながります。

小学校の学習はテストでも何となく点数が取れる、ということも少なくないため、危険な状況に気づきにくい。

基礎知識を身につけるのが小学校レベルの学習。
だから受験を考えない小学生でも、学校の授業がついていけたとしても、学校以外での学習をお勧めしています。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top