Read Article

「大きく育てる」1年にしたい! 毎年恒例「誕生日に寄せて」その38

また新しい年を迎えることができました。
支えてくださっている皆さん、周りにいてくださっている皆さんに感謝。

a0027_001585

変化を楽しむ人生をすごしたい 毎年恒例「誕生日によせて」その37 | 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

さて去年も書きましたから、今年も書きますよ、と。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

新しい扉が開いた

昨年の今の自分と比べると全く違う景色の中にいます。
実は、そのことに今の今まで気づいていませんでした。
ふとこの1年を振り返ってみると、自分でいうのもなんですが、大きな成長が見られた1年かもしれません。

仕事面

SF-Learningはコンセプトこそ変わっていないものの、基礎学習が始まったり、ロボット教室が始まったり、さらに冬から新コースが付け加わったり、と大きく進化。
だんだん、自分がやりたいことが具体化していくことを感じています。
もしかしたら、どんどん個性的な方向に進んでいるかもしれません。

そして何より、2教室体制になったのがとても大きいですね。

また、常勤のスタッフが増えて、一緒に考える仲間が増えたのはとても大きい。
自分一人では思いもよらない意見がたくさん出て、それを一つ一つ形にしていくのがとても楽しい。

仕事以外の面

NLPプラクティショナーの資格を取る、マザーカレッジに参加する、フューチャーマッピングで未来を覗いてみる、と昨年までやっていなかったことにずいぶんチャレンジしています。
それらが自分の視野や可能性を広げる上で大変役に立っています。

また「ほっと」の活動を始めたことも自分のフィールドが大きく広がったように思えます。
明日初めてのワークショップ、とても楽しみです。

しいていうと、趣味をあまり楽しんでいないような。
気のせいかな。

この1年でやること

スタッフを育てること

昨年も同じことを考えていたような。
もちろん私の思いを形にしたものがSF-Learningですが、私がすべてでもいけない。
自分が私しかできないことに専念し、私ではなくてもいいところはスタッフに任せていく。
今ここに来てくれているスタッフにも、社会でもっと活躍してもらいたいものです。

新しいことを育てていくこと

この2年ずいぶんと新しいことに手を付けました。
いろいろ始めたことを育てていくことも必要。
このブログやメルマガ、SFで始めた新コースやイベントの数々をより良いものにして、みなさんに提供したいです。
新しいことにとらわれてばかりではいけませんよね。

手に入れたものの活かし方を考えること

セミナーに参加したり、本を読んだりした時に、常に「このことをどう自分に生かそうか」「このことをどう子供たちに伝えようか」と考えるようにしています。
引き続き、この視点は忘れないようにしたいです。
私が学んだことを後の代に伝えることが、私の役割。

まとめ

至らない点も多く、ご迷惑ばかりおかけしますが、今後ともよろしくお願いいたします。
Facebook上でメッセージを下さった方、プレゼントを贈ってくださった方、改めましてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top