Read Article

ツナゲルアカデミー第6講感想その1 「変化」に気づくことが大事だったんだ

2か月に1回のお楽しみ、「ツナゲルアカデミー」も第1期が終了。

11218983_811164922294927_6525202488345703634_n
ガラガラの声で発表していた人。

喉がガラガラというひどいコンディションでしたが、いつも以上に充実した1日。
たちさん、彩さん、参加者の皆さんありがとうございました!

皆さんの発表とともにやはり佐々木裕子さんのご講演には非常に衝撃を受けました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

皆さんのグループプレゼンで感じたこと

今回のテーマは「1年間で変化したこと」。どの班もお一人おひとりが語って下さっていました。
皆さんの話を聴きながら、このプレゼンの意図はなんだったのかな、と考えておりました。

たぶん受講者自身が「変化」に気づくこと、そのものが大事だったんじゃないかな、と今のところ考えています。
6回のセミナーを受けたとはいえ、ただ聞いていただけでは何も身につかないまま。

一方ですでに無意識になってしまっていることに改めて気づくことも大切なんだろう、と。

私自身もいろいろ思い出しているうちに、そういえば1年前やっていなかったことがいくつも思いついたのですが、果たしてツナゲルがきっかけだったかな、どうかな、というあたりがあいまい。

ただ、ブログを頑張り始めた一昨年の12月くらいから比べると、まったく違う自分になっているな、と強く感じます。
ブログを書き始めて1年半かけて、ようやく自分でも分かる変化になっているのかもしれません。

まとめ

それにしても皆さんそれぞれに個性あふれる発表で素晴らしかったです。
もっと凝ればよかったかな、とか、無理やりイラスト入れてみたけど、なんだかしっくりてなかったな、とかいろいろ反省が出てくるので、次の機会にに生かすこととします。

佐々木さんのご講演については長くなるので、次回に。

おまけ

このツナゲルの場でも、翌日別の場での会合でも、「若さの秘訣は何ですか?」と聞かれました。
私自身、「若い」と感じていなかったので少々戸惑いましたが、もしかしたら、人生を切り開こうと動き続けていることが、その秘訣なのかな、と思い当りました。
だから、きっとこのツナゲルに参加された方は、若い!

URL :
TRACKBACK URL :

このブログの作者

20年後のリーダーを育てる 杉原伸太郎

都立戸山高校、慶應義塾大学総合政策学部卒。

米国NLP™協会認定プラクティショナー

マザーカレッジ認定講師

学習塾SF-Learning代表とし、神奈川県秦野市内の小中学生に既存の学習塾の常識を打ち破る指導を実践するとともに、学習計画帳の制作販売を全国向けに展開。

コミュニケーションワークショップ実績多数。

ブログ「小中学生の親子が知りたいとっておきの学習法」

メルマガ「親子で学びたい小中学生の学習法」

詳しいプロフィールはこちら。

「20年後のリーダーを育てる」 SF-Learning代表 杉原伸太郎の紹介 – 小中学生の親子が知りたいとっておきの勉強法

Return Top