Read Article

「基礎」と「基本」の違いとは 基礎が無いままでは成長しないこと

先日書いた辞書の回の続きのようなタイトルですが、全然違うことを書きます。
正しく日本語を使い分けるとかっこいい たまには辞書をひくのも悪くない | 神奈川秦野の学習塾代表が本音を語る?!

先日とある教材の勉強会に参加しました。そこで一番印象に残ったのが「基礎」と「基本」の違い。

まずは辞書的な意味

「基礎」

1 ある物事を成り立たせる、大もとの部分。もとい。「―がしっかりしているから、上達が早い」「―を固める」「―知識」
2 建造物の荷重を支持し、地盤に伝える最下部の構造物。地形(じぎょう)・土台など。

(goo辞書より)

「基本」

判断・行動・方法などのよりどころとなる大もと。基礎。「―の型」「―を身につける」「―に忠実な演技」

(goo辞書より)

家づくりでいえば、土台となる部分が「基礎」、骨組みや屋根、床、壁が「基本」、といったところでしょう。

つまり、「基礎」があっての「基本」

学習における「基礎」とは

a0008_000271

では、学習において「基礎」とは何か。

私なりの答えはありますが、ここでかくのはやめましょう。

ただ、「基礎」を身につけることを私がもっと力を入れないと、生徒さんの大きな成長を促すことは難しいかもしれません。

まとめ

何事もそうですよね。
「基礎」があっての「基本」。
(大事なことは2度いいます)

  • 「○○だけでうまくいく!」
  • 「××すれば………!」

なんて、ウマいことばかりなはずはないんです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top